P1080024P1080048

BMWのミニ ワン、クーパーなどのオートマミッションはCVT(クラブマン、クーパーSは6速AT)ですが、ちょこちょこと不具合の修理依頼が入ってくるようになりました。

軽い症状では、かつてはホンダのフィットで多発したようなジャダー、重症なものはベルトが噛んで砕けて走行不能など。

基本的に、MINIのCVTミッションは非分解タイプで、通常はディーラーから供給されるミッションに載せ替えるしか無いので、その費用は70万円とか90万円とか、相当な金額になるようです。

また、例えミッションが分解できたとしても、国内では部品が流通しておらず、オーバーホールも大変困難です。

そこで、当店では、海外からこのCVTの各種シール・ガスケット、ギア、クラッチ、ベルトなどを取り寄せることにより、BMW MINIのミッションのオーバーホールが可能になりましました。

次の写真は、発進時に振動が来るCVTの分解シーンです。よく見ると、プーリーのベルトが当たる部分に傷が見えます。恐らく、ベルトのスベリが悪くなって、ジャダーを起こしていたと推測されます。フォワードクラッチのフリクション、スチールともに全く問題はありませんでした。バルブボディも綺麗です。

cvt1cvt2cvt3

ミニ ワン、クーパーのCVTの故障は、ぜひご相談ください。

またクーパーSの6速ATも変速ショックやスベリを発生しているものがありますので、それらの修理も承ります。

受付窓口 M.Kファクトリー

contact