0133

走行時にエンジン回転数に応じて異音がするとのことで、修理依頼が入りました。ニュートラル時には聞こえませんが、ギアを入れて走行すると確かに音が聞こえます。

ジャッキアップして1速で回転させると間違いなくミッション内部から音が聞こえてきました。音の種類からベアリングと判断し、ベアリング一式を取り寄せることにしました。

5速MTは2004年7月ころにミッション形式が変わってますので、部品を購入する際には気をつけなければなりません。この車両は初年度登録が2004年7月でしたので、きちんとミッションコードを調べてから出ないと危険です。

5速ミッションの種類は2001年から2004年7月までゲトラグの「GS5-65BH」、通称「Midland MA」というタイプです。2004年7月以降はゲトラグの「GS5-52BG」というタイプです。どちらが載っているかはこちらの部品カタログから検索すると良いでしょう。使用されていないミッションは「No parts found matching your car.」と表示されます。

RealOEM.com BMW Parts Catalog

さて本題に戻りますが、このベアリングは国内でも一部は入手可能ですが、全てを揃えようとすると、国内欠品もありますし、何しろ金額が高いです。ですから海外からベアリング一式セットを購入するのが安くて良いですね。

027

エンドハウジングを取り外した状態

0315 0417

0516 0614

各ギアを外してシャフトのみにしてベアリング交換です。今回の主原因はメインシャフトのベアリングでしたが、次にトラブルが出ないよう、カウンターシャフトのベアリングをすべて交換しました。

これでミッションの異音は解消し、とても調子良くなりました。

R53で使用されている6速MTは中古でも入手しやすいですが、5速MTは中古の入手が困難ため、今回のように修理、オーバーホールとなるケースが増えてくるでしょう。

マニュアルミッションはオートマより安く修理できますし、新品交換の半額以下にはなるでしょう。

詳しくはお問い合わせください。