DSCF3143DSCF3180

温感時でエンジンを再始動した時に、必ず4回、タコメーターが700~1100回転の間でハンチングが起きる症状です。

診断機をあてても何も故障箇所は観測されず、経験で作業を進めていくしかありません。

必ず4回のハンチングが起きるということは、燃料系統の不具合が出ているとは考えづらいため、吸気系統に作業をしぼり進めていくことにしました。

まずエアクリーナーケースから脱着していき、スロットルボディを脱着した所、多少カーボンの汚れがありました。外見では判断できない為に、スロットルボディをブレーキクリーナーで清掃して組付けたところ、症状が変わったので、スロットルボディに主原因があると判断しました。

新品のスロットルボディと交換し、作業を終了とし、症状が改善され全くスムーズなアイドリングに変わりました。

作業工場:ガレージカメイ